博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy
 阪神大震災(95年)で心身に後遺症を負った震災障害者の問題に関連し、内閣府の「首都直下地震の復興対策のあり方に関する検討会」(座長=澤井安勇・日本防炎協会理事長)は、17日公表した報告書案で、首都直下地震で生まれる震災障害者への支援の必要性を課題として明記した。国が震災障害者について、今後の災害で取り組むべき問題との認識を示したのは初めて。

 報告書案では、首都地域は地域のつながりが希薄で、高齢者ら要援護者の孤立や孤独死を防ぐために行政や自治会、非営利組織(NPO)の連携が必要と指摘。その中で「震災により障害を負った被災者(震災障害者)への支援も必要だ」と明記した。近く最終報告書をまとめる。

 中央防災会議の専門調査会は、首都直下地震が東京湾北部で発生した場合、最大で死者約1万1000人、重傷者約3万7000人と算出している。【川口裕之】

【関連ニュース】
路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ
雑記帳:身体障害者100人がたすきをつなぐ日本縦断駅伝
パラリンピック:難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ
障害者スキー:男子立位で三沢、同座位で谷口がV…大回転

日医会長選の3候補が北海道医師会で演説(医療介護CBニュース)
ラッコが暴食、漁協の育てたウニ3トン全滅(読売新聞)
子ヤギ、14日にもデビュー 米子のトム・ソーヤ牧場(産経新聞)
「プライドのため命利用」と非難=秋葉原殺傷公判で被害者−東京地裁(時事通信)
<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
[PR]
# by 8rhvfjc9wy | 2010-03-18 16:27
 自民党の与謝野馨元財務相と園田博之幹事長代理を中心とする「正しいことを考え、実行する会」は10日、党本部で会合を開き、自民党の現状に関し「今の執行部では夏の参院選を戦えない」との認識で一致した。
 会合には約10人が出席。与謝野氏は、月刊誌に寄せた論文で、谷垣禎一総裁ら執行部の交代を求めたことを説明した。ただ、出席者からは「総裁選の手続きを踏んで選ばれた総裁を代えるのは難しい。幹事長以下を刷新した方がいい」「もう1度総裁選をするわけにはいかない」との声が出され、谷垣氏に辞任を求めるのは現実的でないとの意見が大勢を占めた。
 会合では、園田氏が8日の大島理森幹事長との会談で「執行部が総退陣して次世代にバトンタッチし、ベテランは後ろで支えるべきだ」と迫り、大島氏から「若い連中にできるのか」と拒まれたことも明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

調味料 石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標−農水省(時事通信)
「散骨の島」ひそかな人気、12人眠る…島根(読売新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
[PR]
# by 8rhvfjc9wy | 2010-03-17 01:00
 ◇「誤りわずか」 事実関係に疑義、原作が販売中止

 広島への原爆投下などを取り上げた米作家の新刊書に事実関係の疑義が生じ、販売が中止された問題で、同書を原作とする映画の製作を表明していた映画監督、ジェームズ・キャメロン氏が、映画化の意思に変更はないとする考えを関係者に伝えていたことが分かった。同書の日本国内での著作権代理店「アウルズ・エージェンシー」(東京都)などに3日に届いた文書で「映画化の優先権を保持する」と明らかにした。

 この新刊書は、チャールズ・ペレグリーノ氏の「ザ・ラスト・トレイン・フロム・ヒロシマ(広島からの最終列車)」で、1月に出版された。キャメロン氏は文書で、自身が監督したヒット作「アバター」で科学アドバイザーを務めたペレグリーノ氏について「被爆者へのインタビュー取材における努力は議論を差し挟む余地はない」と評価し「具体的な製作予定は確定していないが、その意思になんら変わるところはない」と記している。

 この新刊書は、広島への原爆投下の際、米軍の写真撮影機に搭乗していたという元米兵(08年死亡)の証言が虚偽ではないかと指摘され、登場人物の存在にも疑問が投げかけられたことから、出版社が今月、販売を中止した。キャメロン氏は「わずかな誤りのために、本が抹消されるのは遺憾だ」と批判した。【臺宏士】

長男、長女も銃撃で失血死=一家4人死亡火災−群馬県警(時事通信)
<内閣府参与>湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として(毎日新聞)
ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
<時効見直し>刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)
交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)
[PR]
# by 8rhvfjc9wy | 2010-03-12 21:06
 平野博文官房長官とルース駐日米大使が2日に会談した際、大使が「トラスト・ミー(私を信じてほしい)」との言葉を使って具体的な移設候補先を示すよう迫っていたことが分かった。平野氏が5日の記者会見で明らかにした。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 平野氏によると、ルース大使は普天間飛行場の移設先について「外へ漏らさないから、私を信じて(トラスト・ミー)、具体名を言ってください」と要請。平野氏は「ゼロベースで検討中だ。5月末までに決めるので、トラスト・ミー」と応じたという。

 「トラスト・ミー」は昨年11月の日米首脳会談で、鳩山由紀夫首相がオバマ米大統領に語った言葉と同じ。米側は「年内に現行案で決着」と受け止めたが、日本側が先送りしたため、両国関係がギクシャクする要因の一つになった。【横田愛】

【関連ニュース】
トラスト・ミーについて記者団に答える鳩山首相 (09年12月7日)
牧太郎の大きな声では言えないが…:「暴君」の語源
陸自幹部発言:「トラスト・ミー」同盟維持に不十分
普天間移設:政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整

<刑務所出所>仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
民主党、「飛んでイスタンブール」の歌手・庄野真代を参院選に擁立へ(スポーツ報知)
大阪・平松市長、外国人参政権に慎重姿勢「国に議論尽くすよう要求」(産経新聞)
島田雅彦氏・小川洋子氏ら育てる、寺田博氏死去(読売新聞)
[PR]
# by 8rhvfjc9wy | 2010-03-11 00:13
 吉本興業本社(大阪市中央区)に、何者かによる脅迫状が郵送されていたことが4日、分かった。吉本側は同日、大阪府警南署に被害届を提出する。

 脅迫状は封筒で3日夕に届いた。差出人の名前はなく、中身はA4判の用紙1枚。すべてワープロ字で書かれており、「臨時株主総会は、無事に終わったな 大崎、吉野よ どこに居ても、いつでも手は届くぞ」と大崎洋社長と吉野伊佐男会長を名指ししていた。

 吉本側は「心当たりはない。タレント、お客様の安全確保もあるので、速やかな捜査の進展をお願いしたい」としている。

【関連ニュース】
上方落語まつり:大阪を笑いで活性化 4月末に16公演
吉本興業株:1346円で取引終了 24日付で上場廃止
間寛平:「人力世界一周」に人類初挑戦 2年かけマラソンとヨットだけ 12月に出発
上方落語まつり:大阪を笑いで活性化 4月末に16公演

奈良県警、健診データ捜査 男児餓死 育児放棄期間特定へ (産経新聞)
参加条件「小沢氏喚問」は筋違う=首相(時事通信)
大牟田高「阿久根市長旗の駅伝」出場取りやめ(読売新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
料金所に衝突、2人死亡=川崎(時事通信)
[PR]
# by 8rhvfjc9wy | 2010-03-09 11:50