博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 日本産科婦人科学会は2月27日、定例記者会見を開き、海野信也・医療改革委員会委員長(北里大医学部産婦人科学教授)が4月の診療報酬改定について、「十分に(産婦人科の)状況を(厚生労働省に)ご理解頂くチャンスがあった。それは大変良かった」と評価した。ただ、「勤務環境の改善は、今後も(厚労省と)相談していかなければ」との見解を示した。

 海野氏は会見で、4月の診療報酬改定に当たって、昨年1月に学会としての要望事項をまとめて相談するよう厚労省から要求され、6月に要望したと説明し、「コミュニケーションの中で改定を進めて頂いた」と述べた。
 しかし、新設を要望していた「勤務環境確保加算」は取り入れられなかったため、「勤務環境の改善は、今後も相談していかなければ」との見解を示した。

■直接支払制度「非常に無理がある」
 海野氏はまた、猶予期限が3月末までとなっている出産育児一時金の直接支払制度について、「現場の医療機関にとって、経済的な負担が大きい。制度的に非常にいろいろな意味で無理がある」と指摘。出産した人にできるだけ早く出産育児一時金を支払う制度を考える必要があるとした上で、「もう一度、全体の仕組みを考え直していただきたい。全体としてどうなるか、ある程度はっきりしたところで、学会としても(厚労省と)相談していきたい」と述べた。

 海野氏は会見後、記者団に対し、資金繰りが厳しくなった産科診療所が閉院や廃院に追い込まれれば、病院の負担が増え、病院もつぶれる恐れがあると指摘。「(産婦人科を)叩くような制度変更。(直接支払制度が導入されれば)お産場所がなくなる」と述べた。


【関連記事】
【中医協】「救命救急入院料」の要件緩和を−基本小委初のヒアリング実施
人を大切にする医療システムを
「産科への協力にも報酬上の評価を」
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省

予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)
トヨタ、調査や検査の継続を確認…公聴会(レスポンス)
博多の商店街で10店舗焼ける=通信障害も、けが人なし−福岡(時事通信)
ドタバタ続きでつまずく大阪府のプレミアム付き商品券(産経新聞)
<慢性疾患>生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査(毎日新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-06 07:49
 鳥取市米子市で昨年2月、会計事務所社長ら2人が殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われた元経理担当者、影山博司被告(55)の裁判員裁判の第3回公判が25日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた。影山被告は被告人質問で、強盗目的とされた捜査段階の供述などについて「記憶にありません」と繰り返した。

 検察側は、影山被告が調書の信用性を争う姿勢を見せたことから、捜査段階の供述などと公判供述に矛盾があると指摘。殺害について「弁護人の書面でも、資金捻出(ねんしゅつ)の可能性を考えたことがあったと記載している」とただしたが、「心当たりがない」と答えた。

 さらに、殺害直後に被害者のカバンに手を入れていた点について、検察側が「キャッシュカードの入った財布を確認したかったのではないか」と質問したのに対し、影山被告は「タオルを探すため」と否定した。

 一方、鳥取地裁は同日、補充裁判員1人が解任されたと公表した。理由などは明らかにしていない。

【関連記事】
鳥取県米子市の会計事務所社長殺害事件 被告が全面的に争う姿勢
会計士「10年前から破綻経営」元同僚「うっぷん爆発」 社長ら2人強盗殺人
会計士「10年前から破綻経営」 社長ら2人強盗殺人
鳥取裁判員裁判、強盗殺人初公判 検察側冒頭陳述要旨
鳥取・裁判員裁判、初の死刑求刑も 被告は強盗殺人を否定

栃木県の神社一覧
【Web】「社長が武器を手に入れてしまった」(産経新聞)
<法人税法違反>舟木一夫さんファンの会社社長に有罪判決(毎日新聞)
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚−大阪府警(時事通信)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール−国交相(時事通信)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-04 16:04
 栃木県と宇都宮市が、犬や猫の引き取りを昨年6月から有料にしたところ、12月まで半年間の引き取り数が、前年同期に比べて大幅に減少したことがわかった。

 県生活衛生課は「有料化によって、飼い主が安易に動物を手放すことに一定の歯止め効果があったのではないか」とみている。

 犬や猫の引き取りは、「飼い主に責任を持って飼い続けることを促したい」として昨年6月から有料化された。成犬、成猫が1匹3000円、子犬、子猫が600円の引取料を徴収している。県や同市によると、有料化した昨年6〜12月の半年間に引き取った犬、猫の数は1238匹で、前年同期(2235匹)に比べて45%減少した。

 引き取られた犬、猫は、原則としてすべて殺処分となる。県動物愛護指導センター(宇都宮市)では、引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認したうえで、最後の手段として引き取っている。「かみつく癖が直らないから」という理由だけで引き取りを希望した飼い主に、同センターが専門家に調教を依頼するよう提案し、引き取りを回避したこともあるという。同センターは「飼い主は、家庭環境や自分の性格を十分考え、飼い続ける覚悟を持った上で、動物を飼い始めるようにしてほしい」と呼びかけている。

 一方、県と宇都宮市で08年度、迷い犬や捨て犬の捕獲数は2206匹で、このうち飼い主に返されたのは12%にあたる272匹にとどまった。保護期間(4日間)を過ぎた犬は殺処分となる。同センターは、子犬の譲渡会や犬のしつけ教室などで参加者に対し、犬を係留しておくことや、飼い主の連絡先がわかるように個体識別マイクロチップを犬の体に埋め込むことなどを勧めている。

<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日衆院採決(毎日新聞)
医療用医薬品市場、7.2%の高成長(医療介護CBニュース)
カセットコンロ爆発、5年間で8人死亡(読売新聞)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職−埼玉県立大(時事通信)
咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-03 07:16

パリ

パリ(Paris、巴里)は、フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府。ニューヨーク、ロンドンなどと並ぶ有数の世界都市である。概要ランドサット衛星写真ケスタ地形を呈するパリ盆地のほぼ中央に位置し、市内をセーヌ川が貫く。この川の中州であるシテ島を中心に発達した。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される[要出典])。北緯49度とやや高緯度に位置するが、温かい北大西洋海流と偏西風によって一年を通して比較的温暖となっており、西岸海洋性気候の代表的な都市である。市域は、城郭都市時代の城壁跡に造られた環状高速道路の内側の市街地(面積は86.99km2。参考:東京都・山手線の内側は63km2、ニューヨーク市・マンハッタンは59km2)、および、その外側西部のブローニュの森と外側東部のヴァンセンヌの森を併せた形となっており、面積は105.40km2。市域人口は、1950年代の約290万人を絶頂に減少し続けたが、ここ数年は微増傾向に転じており、2007年現在で217万人である。郊外のイル=ド=フランス地域圏(パリ地域圏)を含めると人口1,170万人で、この地域にフランスの全人口の約2割が集中しており、西ヨーロッパではロンドン都市圏に次ぐ人口規模を有する都市圏となっている。パリ市内の地形は、比較的平坦であるが、標高は最低でセーヌ川沿いの35メートル、最高でモンマルトルの丘の130メートルである。[1]パリ出身者・居住者は、男性がパリジャン (Parisien)、女性がパリジェンヌ (Parisienne) と呼ばれる。1960年代以降、旧植民地であったアフリカ中部・北部やインドシナ半島、更に近年は中近東や東欧、中国などからの移民も増え、パリジャン・パリジェンヌも多民族・多人種化している。2008年には、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク(GaWC)により、東京と同ランクである第1級世界都市+に選ばれている[1]。経済フランスにおける経済の中心地である。2008年のパリ都市圏のGDPは5640億ドルと世界第6位であり、ロンドン都市圏(5650億ドル)とほぼ同規模である[2]。世界レベルの大企業の本社も集積しており、2008年のフォーチュン・グローバル

サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
<郵便不正>元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述(毎日新聞)
6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-01 23:55