博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

しょうゆ造り復活へ 徳島県阿波市の三浦醸造所(産経新聞)

 約160年にわたってみそ造りを続けている徳島県阿波市の三浦醸造所が、戦争で途絶えていたしょうゆ造りの復活に挑んでいる。

 創業当時からみそと濃い口しょうゆを製造。地元には創業者について歌った数え歌も残るが、太平洋戦争下で原料の不足により、しょうゆ造りを断念していた。

 2年後の製品化を目指し、手作りの醸造蔵も完成。5代目杜(とう)氏(じ)の三浦誠司さん(52)は「手間暇かけて造る昔ながらの味。食に関心を深めてもらいたい」。

【関連記事】
醤油の正しい保存法、7割が「分からない」
甘みより旨味、「たまり」醤油スイーツ好評
ローソン 分厚い豚肉自慢の豚丼発売
テリヤキバーガーがお家で手軽に モランボンがソース発売
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け
中国が優等生路線に?

自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
<普天間移設>米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
<口蹄疫>“牛イベント”各地で中止 飲食店、来客数激減も(毎日新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-05-27 13:05