博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

所得補償、11年度は畑作も=農水副大臣(時事通信)

 山田正彦農林水産副大臣は1日の記者会見で、農産物の販売価格が生産費を下回る赤字分を農家に直接補てんする「戸別所得補償制度」について、「畑作の所得補償を来年度に(実施できるよう)検討したい」と述べた。コメの補償制度を同日始めたことを踏まえ、2011年度の対象を広げたい考えだ。
 山田副大臣は、対象拡大について「まず畑作。同時に、できれば畜産も水産も取り組みたい」と述べ、麦と大豆を中心とした畑作を優先する姿勢を示した。 

【関連ニュース】
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕
取引システムを統合=来年1月、東工取と東穀取が合意
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標
商品取引所、システム統合へ=合併論も浮上
最大の支援はアフガン産品購入=農産物市場の開拓切望

恋人たちも富士山も赤い糸で 巨大招き猫が“世界遺産”後押し(産経新聞)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
「責任政党認識甘い」 生方氏を念頭に苦言 小沢民主幹事長(産経新聞)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-04-02 15:26