博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は19日午前の記者会見で、民主党が小沢一郎幹事長を批判した生方(うぶかた)幸夫(ゆきお)副幹事長を解任したことについて「かねがねあの党の党運営は極めて強権的、独裁的だと思っていた。その現れだと受け止めている」と述べ、民主党執行部の判断を批判した。

【関連記事】
首相「党内の規律が守れない」 生方氏解任で
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
小沢氏進退判断 「リミットは4月」
「歴史的使命で判断を」小沢氏に進退検討促す
小沢氏強調「民主支持率はまだまだ高い」
20年後、日本はありますか?

<熊本市>12年春に政令市 人口要件緩和でクリア(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
鳩山邦夫氏 新党は「いばらの道」(産経新聞)
大手町駅でテロ想定訓練、サリン事件15年(読売新聞)
9500万円減額の修正予算案可決=竹原市長はまた欠席−阿久根市議会委(時事通信)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-24 13:57