博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

パリ

パリ(Paris、巴里)は、フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府。ニューヨーク、ロンドンなどと並ぶ有数の世界都市である。概要ランドサット衛星写真ケスタ地形を呈するパリ盆地のほぼ中央に位置し、市内をセーヌ川が貫く。この川の中州であるシテ島を中心に発達した。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される[要出典])。北緯49度とやや高緯度に位置するが、温かい北大西洋海流と偏西風によって一年を通して比較的温暖となっており、西岸海洋性気候の代表的な都市である。市域は、城郭都市時代の城壁跡に造られた環状高速道路の内側の市街地(面積は86.99km2。参考:東京都・山手線の内側は63km2、ニューヨーク市・マンハッタンは59km2)、および、その外側西部のブローニュの森と外側東部のヴァンセンヌの森を併せた形となっており、面積は105.40km2。市域人口は、1950年代の約290万人を絶頂に減少し続けたが、ここ数年は微増傾向に転じており、2007年現在で217万人である。郊外のイル=ド=フランス地域圏(パリ地域圏)を含めると人口1,170万人で、この地域にフランスの全人口の約2割が集中しており、西ヨーロッパではロンドン都市圏に次ぐ人口規模を有する都市圏となっている。パリ市内の地形は、比較的平坦であるが、標高は最低でセーヌ川沿いの35メートル、最高でモンマルトルの丘の130メートルである。[1]パリ出身者・居住者は、男性がパリジャン (Parisien)、女性がパリジェンヌ (Parisienne) と呼ばれる。1960年代以降、旧植民地であったアフリカ中部・北部やインドシナ半島、更に近年は中近東や東欧、中国などからの移民も増え、パリジャン・パリジェンヌも多民族・多人種化している。2008年には、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク(GaWC)により、東京と同ランクである第1級世界都市+に選ばれている[1]。経済フランスにおける経済の中心地である。2008年のパリ都市圏のGDPは5640億ドルと世界第6位であり、ロンドン都市圏(5650億ドル)とほぼ同規模である[2]。世界レベルの大企業の本社も集積しており、2008年のフォーチュン・グローバル

サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
<郵便不正>元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述(毎日新聞)
6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-03-01 23:55