博多プリンスの物語


by 8rhvfjc9wy

温暖化ガス、家庭で最大半減に=行程表素案を公表−環境省(時事通信)

 環境省は17日、政府が打ち出した温室効果ガス削減の目標達成に向けた行程表の素案を正式に公表した。2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するため、住宅の断熱化やエコカー普及など生活に身近な分野で地球温暖化対策を強化。家庭からの排出量を現状(05年)比で、最大半減させることなどを計画している。政府は3月末までに行程表をまとめる。
 素案は、20年時点での部門ごとの排出量について、家庭では90年比で最大31%減(05年比49%減)、オフィスなどで同21%減(同45%減)、運輸で同25%減(同37%減)、工場などの産業で同24%減(同20%減)とする。05年比で見ると、近年排出量が増えている家庭の削減率が最も大きい。 

日本製品への信頼に響く=岡田外相(時事通信)
シュワブ陸上案に反対=社民・福島氏(時事通信)
<囲碁>プロ13勝7敗に 阿含・桐山杯(毎日新聞)
<端午の節句>サトウハチローの詩で童謡、CDなど寄贈へ(毎日新聞)
<小沢幹事長>極東の安全保障 米抑止力が重要(毎日新聞)
[PR]
by 8rhvfjc9wy | 2010-02-20 07:15